過去参加韋駄天まとめ

過去の韋駄天の思い出を書いてみます

第34回 毒軍団高速討伐!(沼地/夜)レア3以下
本気で韋駄天頑張ろうと決意した私の原点。開催前にダメシミュしてみるなど
今読み返すと初々しい事いっぱいで恥ずかしいですね。途中初の暫定10位以内になるも
結果17位?くらいだったかな。2鯖の1位,2位のタイム差を見たとき 私もこんなギリギリの
戦いをしてみたいと思いました。残念ながらいまだその域にはほど遠く未熟なままです。

第35回 岩竜高速討伐!(闘技場/夜)レア3以下
2鯖の弓参加者が1200人くらいだったのでしょうか。なかなかの人数により初日は順位相当悪く
かなり落ち込むもの、後半試行回数を増やしていくにつれタイム更新 順位上る。
韋駄天で順位がどんどん上るというのは一種の麻薬みたいなもので気分がかなりよくなっていくことを
覚える。バサルは怒りのタイミングが重要だったのかな?肉質変化という部分で毒によるずらしなどが
印象に残ってます。タイムは2分52秒で19位くらい。TOPののなめさんとは15秒離れていて
「遠いな…」と改めて上はすごいと感じた回でした。そして忘れてはいけないのがガンランス部門での事件。
サフィールホークIを使用した方の記録抹消という最悪の結果に。この出来事はプレイヤー達に
大きな傷を残してしまいました。

第36回 眠鳥迅速討伐!(闘技場/夜)レア4以下
ここ3回正解行動に到る事ができず非常に辛い時期でした。フルンタメ2貫通射ち。こうゆう発想は
韋駄天経験者じゃないとまず思いつきません。ただこの韋駄天があったからこそ今色々な発想ができるように
なった大事な回でした。1鯖の方の戦術で貫通中にタメ3も織り交ぜてる姿には感動したものです。
2鯖ではCHIEIさんが土壇場エースを発揮し見事1位に。私は13位とまたしても公式ランクインならず
「センスない…弓うまくないかも」とblogに書くほど落ち込んだ回でもありました。

第37回 氷狐竜高速討伐!(闘技場/昼)レア9以下
初の公式ランクインという思い出の回。10位でしたがほんとに嬉しかったです。私でも出きるんだと
これから頑張れる起爆剤になったと思います。しかしタイムは1位と25秒差という完敗ぶり。
貫通という発想もなければ今では当たり前になっている弓韋駄天で大事なことをやれていない
悔しい回でもありました。この韋駄天が終わった後峡谷のサボテンでクリ距離確認をやったことも
懐かしい思い出です。

第39回 怪鳥・大猪・高速討伐!(闘技場/夜)レア3以下
開催前からコンマ差韋駄天になることは予想され、結果そうなった回でした。グレイスさんの頭への正確な
射撃には感動を覚えました。そしてのなめさんの数人抜きも鮮明に覚えていますね。私は9位と
2連続の公式載り。ただ私より上が50秒台でとても悔しかった思いもしました。風邪をひいて思うように
出来なかったのは言い訳にすぎません。自己管理もまた競技の一部。

第40回 冥雷竜高速討伐!(闘技場/夜)武器装備自由
自由部門初参戦の回。課金防具をたくさんもっていた私ですが非課金防具で参加。回避なし餓狼なしと
今思えば訳の分からないスキルでよく戦えたなと。疲れていると上空キック時の回避がほんと緊張しました。
結果7位でしたが1位のグレイスさんの戦術には驚き、手数と知識という部分でまた勉強させてもらいました。
もう一度やってみたい韋駄天の1つでもあります。

第41回 一角竜高速討伐!(新大闘技場/昼)レア5以下
私にとって最初で最後の全日程暫定1位だった回。初日私はいつもどおり自分のタイムをblogに載せる。
それが何人もの弓師達を迷走そして奮起させたであろう韋駄天。タイムを載せた後暫定1位を見て
みんなが嵐の型に気づいていない、このままいけば勝てるかもしれない、と思っていました。しかし
初の暫定1位ということもありその重圧で全くタイム更新できず。この時もしCHIEIさんの開幕走ってるモノに
射撃する発想があれば51~50秒台は間違いなく出せたでしょう。初ソードでしたが悔しさがほとんどの
辛い回でしたね。ですが全く上位争いできなかった私が多くの方に影響を与えたという点では
よかった?事だったでしょうか。こんな私でもソード争いできるんです!を見せることができいい回
だったかもしれませんね。

第42回 雪獅子軍団高速討伐!(新大闘技場/昼)レア4以下
ブランゴがいなければ楽しかった回でした。そしてこの時期花粉症がひどくまともにやれず
結果6位と前回2位だったこともあり悔しい思いをしました。練習もかなりし、ドド頭への工夫を
考えたにも関わらずそれが結果に出ず。正確な射撃をしたグレイスさんがしっかり1位の座に。
デイリークエのドドをやる度このときの事を思い出してしまいますね。

第43回 白影高速討伐!(新大闘技場/昼)レア4以下
初日暫定1位と好スタートだった回。フルン頭射ちでずっと詰めていましたが限界を感じ
フェザーの特殊戦法で挑むも、コントローラ故障&好タイム時PCの電源落ちるなど苦い思いを
たくさんした韋駄天でした。蓋を開けてみれば開幕からオーラが正解という結果に。このあたりから
オーラが絡む韋駄天が増え、表面ではそんなに思ってなかったけど内面あまり楽しめてなかったかと
思います。5位でしたが満足は出来ませんでした。

第44回 水竜高速討伐!(砂漠/夜)レア5以下
私の身体が壊れていきまともに出来なくなったのはここからでした。辛い痛いしんどい、こんなことしか
考えられずやるべきではなかったと思います。しかしソード圏内は無理でもなんとか公式には載りたい!
この一心で何度も何度もやりました。結果9位 載る事は出来ましたが私の終わりが見えた、そんな
韋駄天でしたね。

第45回 黒狼鳥高速討伐!(新大闘技場/昼)レア4以下
自分の中でこれを最後にしようと決めたとても切ない回。blogでも「まだやっていたかったけど
自分を大事にしようかと。ハンターみたいにすぐ快復できる身体が羨ましかった」と気持ちを表して
いました。シビレからやる気もそがれ全く集中なんて出来ず悔しくて悔しくて。ただそんな中
弓に対してそれなりにプライドがあり色々考える。昔のように一生懸命やるという部分は最後に
見せようと今の自分にできる最高を目指し頑張っていましたね。結果は13位
あー終わった MHF そして韋駄天楽しかった ほんとみなさんありがとうございました!
私のMHF生活が一度終わりました。そして療養生活へ

第49回 蒼眠鳥高速討伐!(新大闘技場/昼)レア5以下
半復帰の回。3ヶ月でそれなりに快復したと判断し参戦。なに戻ってきてるのと多くの方から
批判を受けるも韋駄天への思いは捨て切れませんでした。暫定順位が最終日まで表示されない
という訳のわk(サフィール以来)事態発生。見えない中ずっとべ~さんが1位だったみたいですが
最後にCHIEIさんがぶち抜き見事1位。私は20位台だったのかな?詰める作業などは出来ず
ただ参加という感じで一度終わった韋駄天に戻るにはほど遠い姿勢でした。一生懸命やらなかった
韋駄天はなにも残らないんだなぁと感じましたね。

第50回 毒怪鳥亜種迅速討伐!(新大闘技場/昼)レア3以下
開催中暫定1位の方が動画公開するなど少し疑問が残った回。私は某提示版を全く見ないので
フレさんから聞いてすごく驚いた記憶があります。この回も全くやる気はなく、ただただ
同じ事を繰り返しなにも考えることをしませんでしたね。もう韋駄天で上位争いなんかできないんだろう
と、普通のハンターに戻ったんだなと切なくもありよかったのかなとも思ってた時期です。

第51回 鎌青高速討伐!(新大闘技場/昼)レア4以下
昇竜でした。弓専門の方が見事に負けてしまった近接韋駄天でした。詰まらない韋駄天だったと
はっきり言えるそんな回。そんな中記録を残してる方々はモチベ管理などすごいなと。
一度上位に入ると次も次もとほとんどの方が思ってるのではないでしょうか。私もその一人です。
しかし一度離れてしまいそのときの気持ちを思い起こすにはきっかけが必要でそれが難しい。
3鯖を頑張りだしたのもこのあたり?だったかな。韋駄天熱が冷めた私になにも魅力がなくなって
いた時期でした。

第52回 跳緋獣高速討伐!(潮島/昼)レア7以下
開催前と開催後で全く気持ちが変わった回。武器も用意せず前回同様全くやる気はありませんでした。
しかしゴゴというモンスに興味を持ち、少し調べる。カウンターのタイミングは慣れるまで
大変でしたがその過程が楽しかった。あと身体への負担が少ないという点は話してませんでしたね。
カウンター狙いだったのでキーボードのボタンを左手でタンタンと押すだけ。間隔がそんなに短くないので
何度も挑戦することができました。そして記憶に新しいグレイスさんの戦術。誰もが驚いたことでしょう。
私の結果は4位。順位はよかったものの悔しさが多く残りました。しかし久しぶりに韋駄天を楽しめた
ので少しづつ以前のようにやれるよう調整していこうかと思ってます。

第53回 蛮竜高速討伐!(高地/昼)レア7以下
イベント武器を用意してなかった自分自身に最低の評価をつけてもいい回でした。期間終了後
「韋駄天のために他鯖も作って、弓で1位とるために他の武器を捨て、さらには他のSRをとらない。
ここまでしてるのに時間がないから、身体を酷使できないからという理由で逃げ道を作ってる君に
腹が立っている」と書いているのも見ると韋駄天をなめていました。おそらくもう二度とグレンの
韋駄天はやれないと思うので残念でなりません。結果は50位付近だったでしょうか。韋駄天を
始めた時よりも順位が悪くなっていきMHFへのモチベも低下していった時期でもあります。

第54回 雌響狼高速討伐!(新大闘技場/昼)レア8以下
前回反省したことを念頭におき事前に武器準備、作戦を考える。正直蒼クック弓が正解だろうと
ふみ練習も拡散でほとんどでした。しかしいざ本番になりクリアしてみるとどうにも遅い。しっくりこない。
私に与えられた時間が日曜日だけだったのでそこで色々試し考え、なんとか後ろ足(下の方を狙う)を
撃つとこまでいく。人によると思いますがカメラタイプ2のほうが正確に足(下の方)が狙いやすかったです。
7分40秒という記録しか残せず順位は19位。あまりにも不甲斐なかったので後日復習クエでリベンジ。
正解も見て今更記録出しても意味ないと考える方もいると思いますが、同じ事をしてそのタイムを出せるか
と言ったらそうではないです。私の技術では6分30秒が限界でした。やはり上二人には足元にも及ばず
あー無理かと肩を落とす。MHFへの楽しみを見失ったのもこの時期です。

第85回 桜火竜高速討伐!(新大闘技場/夜)レア4以下
30大会ぶりに韋駄天の世界に帰ってきました。初回更新では2位でしたが、正直10位以内入れるかなと
思ってましたが結果は12位でした。闘技場オーラを動画で少し見てマネした程度でしたが、終わった後
もっと研究してれば上にいけたんだなと。戦略で決まった韋駄天だと思うので事前の研究はやはり重要な
ポイントでした。ただオーラを最速で撃つ反射神経というか感覚は染みついていないとできない芸当なので
こういった韋駄天で結果を残す為には、やはり毎日弓を触っていることですね。

第86回 蒼火竜高速討伐!(新大闘技場/昼)レア4以下
85回と同じようにと思いきや、トップは計算された動きでとっても驚きの韋駄天でした。結果は6位。
金曜日に出したタイムでそのまま終わりましたが、それが残ってしまいました。動画を残してなかったので
今思い返すことはできませんが、雑、これにつきると思います。こういったコンマになりやすい韋駄天は
やはり土日の詰めがとても重要です。ソード狙うならなおさらですが、1位を狙うためにはなんとか時間を
作らないとです。1位の動きを見て、改めて韋駄天は楽しいと思えました。

第87回 跳緋獣高速討伐!(潮島/昼)レア2以下
オーラでしょうねと思いましたが、クリアしたタイムは昇竜で完封でした。結果は30位。んーなにも書くことないか…

第89回 蒼眠鳥高速討伐!(新大闘技場/昼)SP武器
試行10回程度。結果は22位。貫通の研究の為にいるようなこの種ですが、立ち位置、角度がタイムにとても
影響する種。第36回のヒプを思い出します。貫通の精度をあげるのはこのゲームにおいて、快適に狩りを
するための一番の射種な気がします。貫通を考えるたびに一つのblogに帰ります。ここで紹介していいものか
わかりませんが、あるヘビィガンナーの生涯というblogです。弓ではなくボウガンのお話なのですが
とっても大好きなblogの一つです。なにかを真剣に取り組む、研究する、実践する、残るものは感動しますね。
韋駄天で私は感動してきました。感動させる側に立つことが、1位をとるよりも目指すべき場所でしょうか。

第90回 翠水竜高速討伐!(新大闘技場/昼)SP武器
結果は34位。ここ最近金曜日だけの記念参加が続いてとてもやるせないです。オーラを極めし者が頂点に立つ。
ガノ系はオーラ以外考えられなくなりましたね。どうやったらやれるのか。いろんなことを試す場所がこの韋駄天
でもあります。考える時間、試す時間、私にはまだ足りません。

第91回 喰血竜高速討伐!(新大闘技場/夜)SP武器
初めて韋駄天で戦いました。そしてその時のクリアタイムが32分?とかでした。結果はこのタイムで52位。
おそらく時間があってもまったくダメだったと思える韋駄天。まず、曲射が実装されたときには休止していたので
よくわかってません。それとこのモンスターを知らない。研究不足にもほどがあります。調べる時間にも余裕が
ない日々でした。
スポンサーサイト
     
プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
ファイト・ウィズ・ドリーム

韋駄天 2鯖弓部門

金0 銀1 銅0
10位以内入賞8回

2009年5月 
MHF開始
2009年7月 
休止
2010年1月
blog開設
2010年11月
弓以外禁止
2011年1月 
課金防具禁止
2011年5月 
課金カフ禁止
2011年7月
療養の為休止
2011年10月
奇跡の復活
2011年11月
すべて解禁
2011年12月
1,3鯖スタート
他鯖で秘伝防具
作成開始
2012年6月
終幕
2014年12月
開幕
2015年2月
復帰後初入賞(6位)

かうんた
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
リンク